いらない

なんでこんなに自分の予感が当たってしまうんだよ、いらない、こんな能力。

あのあと予感通り絶望に落ちていった。